読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二兎を追い、二兎をも得る

日常は無常。心は満腹を知らず、醜くも大衆の亡霊を頬張るばかりである。

ぶっくろぐ

ブログというものは気になってはいたが、いまいち手を出せずにいた。

あくまで非匿名性の中で評価されたかったのである。

 

つまりは、誰も知らない中で意気込んでもしょうがないと思ってしまっていた。

いや、実際にはそうかもしれない。

しかし、匿名であるからこそ何のしがらみも無く能書きを垂れ流すことが出来、

その反応にいちいち憂う必要がないのだ。

 

私はここでは半透明人間である。

向井が放つ不気味さをもった、確実に実存しているけれど

それを証明することは出来ない、そんな存在であるのだ。

 

さて、こんな調子で気が向いたときに

気が向いたことを綴っていこうと思う。

 

誰しも人には言えないような恥ずかしい側面を持っているじゃないか。

それが私にとってはあまりに誇大に描きすぎた将来であるのだ。

それがどんなに戯れでも、ここならば気兼ねをすることは無い。

思い切り吐き出せる。

 

なぜなら、私は半透明人間なのだから。

 

広告を非表示にする