読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二兎を追い、二兎をも得る

日常は無常。心は満腹を知らず、醜くも大衆の亡霊を頬張るばかりである。

スケジュール帳と日記帳

”もしも大地震がおこったら”

もしくは津波が、突然の火事に見舞われたら何を持ち出すか。

 

縁起でもない問いに対して私の回答は

・携帯電話(と充電器)

・財布

・通帳

このあたりは共通のものだろう。

災害時に持ち出せるものはぜいぜい中型のカバンに詰め込めるものが限度である。

ここから先が個人の趣向(思考)が現れる。

ウォークマン

kindle

・厳選した書籍数冊

・スケジュール帳

・日記帳

・大学ノート

・万年筆とジェットストリーム三色ボールペン

 

以上が私が持ち出すであろう全てである。

本の冊数によるが(キンドルで扱ってないものか相当なお気に入りに限られるとは思うが)そこまで大した荷物にはならないと思う。

実はこれは小旅行に行くときのラインナップとほぼ一致している。

最低限の着替えがあるかどうかの違いである。

 

すなわち、娯楽として紡がれた音と言葉、

それからスケジュール帳と日記帳が私にとっての十分条件となる。

(ノートブックは雑記用のメモである)

 

私の娯楽趣味についてはまたの機会に書き留めるにして、

ここからはタイトルにあるスケジュール帳と日記帳について書いていきたい。

 

私論ではあるが、この2つの帳面の使用法は以下の通りである。

【スケジュール帳】

・”現在”の予定、TODOの管理

・”現在”必要なデータ

(近所のコースをランニングするときの消費カロリー、欲しいものリストなど)

・金銭の予算管理

 

すなわち、今の自分を管理していくために使用している。

これに対して、【日記帳】は

・現在の懸案事項の反省と今後の改善策の考案

・将来生きていたい自分について、また自分を取り囲む人々、組織について

など、未来にベクトルを向けて使用するものだ。

 

スケジュール帳については活用している方は恐らく私よりも上手く使いこなしていると思われるので、少しだけしか触れないが、

使用しているのは「ほぼ日手帳」で、オンラインで購入した際に付属しているジェットストリームの3色ボールで記入している。

このボールペンの細さも、滑らかさも抜群にしっくり来るので

もう少しグレードのいいやつが欲しくなっているところである。

私のスケジュール帳選びの基準は単純。

・毎日の時間軸での記入欄ができる限り広いもの。

・余白が多いもの。

これまではEDiTを使用していたが、今回初めてほぼ日にしてみた。

どちらも長所短所あるとはおもうが、紙の質と、方眼があるほうが書きやすいという理由で今後はほぼ日を使うと思う。

 

さて、どちらかといえば特筆すべきは日記帳である。

日記帳は基本的にフォーマットや分量に縛りがないので各々個人流の書き方があるからだ。

日本の人口のどれくらいが日記をつけているのかは分からないが、なんとなく生きるのが嫌ならば日記はできるだけつけたほうが良いと思っている。

別にPCや携帯電話器でのブログやSNSでもかまわないのであろうが、私は手書きを薦めたい。

なぜならば、自分で記入したということが強調されるためである。

それから、帳面をわざわざ人に見せたりはしない。

デジタルで記入するとどうしても”よそ行きの言葉”になってしまう。

できるならば自分のために書くべきだと思うのである。

 

というわけで、”俺流”の書き方であるが、ポイントをいくつか列挙する。

・自分と会話する。

・できるだけ気取る。

・それでいて正直に。

・最大の目的は、自分を認めてやること、許してやること。

 

がんばれないことはきっと誰にだってある。

問題は、がんばれないからダメなのではなくて。

自分はがんばれない人間なのだと思い込んで、がんばることをやめることである。

がんばれない自分を許してあげられるのは他でもない自分だけなのだ。

これは正当化するということではなく、ダメな部分を許してあげて

それでもがんばりたいという自分を認めてやる作業なのである。

 

日記では過去のことにも触れられるが、事実は変えようがない。

だから、日記で過去の事実に触れるときとは、後悔の解釈を変えてプラスに持ってゆくと時だ。

どちらにしても、悪い思い込みを捨てて、良い思い込みをさせるのが日記の役割であると思っている。

 

というわけで、スケジュール帳と日記帳。この機会に

自分だけのお気に入りのものを探してみてはいかがだろうか。